肌のハリがなくなると、シワやたるみができてしまうことが。シワやたるみは老けた印象を与えます。
では、どうして肌のハリがなくなってしまうのでしょうか。

肌のハリがなくなる原因

肌のハリがなくなる原因は、肌に存在するコラーゲンやエラスチンの減少です。
皮膚は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」という構造をしています。肌のハリを支えているのが真皮層です。真皮ではコラーゲンが網の目のように張り巡らされていて、エラスチンがコラーゲンをつなぎとめて弾力を作りだしています。
そして、コラーゲンとエラスチンのすき間を埋める用に存在するヒアルロン酸やコンドロイチンなどのムコ多糖類は、肌の潤いを保持しています。

加齢

コラーゲンやエラスチンが減少する原因にはいくつかあります。

コラーゲンとエラスチンは線維芽細胞から作られているのですが、年齢を重ねると線維芽細胞がコラーゲンなどを作り出す力が低下をします。
線維芽細胞からはヒアルロン酸も作られているので、コラーゲンやエラスチンの減少だけでなく、肌の潤いも低下をします。

紫外線

地上に届いている紫外線には、紫外線A波と紫外線B波がありますが、紫外線A波は真皮層にまで到達をします。真皮に到達した紫外線は、コラーゲンやエラスチンを変性させ、その結果肌の弾力が低下をします。

乾燥

肌表面が乾燥をすると真皮層の潤いも失われてしまい、肌がしぼんだような状態になります。水でパンパンに満たした水風船にはハリがありますが、水が少ないとしぼんだような状態になりシワができるのと似ています。
また、肌にはバリア機能があり紫外線から守ってくれているのですが、肌が乾燥することでバリア機能が低下をして紫外線の影響を受けやすくなります。

女性ホルモンの減少

恋をするときれいになるといわれていますが、これは女性ホルモンが関係をしているといわれています。女性ホルモンのエストロゲンには、コラーゲンやエラスチンの生成を促す働きがあるのです。
女性ホルモンが減少する原因は、加齢、不規則な生活、無理なダイエットなどです。

生活習慣の乱れ

コラーゲンを作り出すためには、ビタミンC、鉄分、アミノ酸などさまざまな栄養が必要です。無理なダイエットをしたり、加工食品などばかり食べて栄養バランスが崩れていると、コラーゲンの生成に必要な栄養が不足をして、ハリの低下につながります。
コラーゲンの生成が活発に行われるのは、夜寝ている間です。睡眠不足では、コラーゲンを活発に作り出すことができません。肌のハリがなくなると、シワやたるみができてしまうことが。シワやたるみは老けた印象を与えます。
では、どうして肌のハリがなくなってしまうのでしょうか。

肌のハリがなくなる原因

肌のハリがなくなる原因は、肌に存在するコラーゲンやエラスチンの減少です。
皮膚は表面から「表皮」「真皮」「皮下組織」という構造をしています。肌のハリを支えているのが真皮層です。真皮ではコラーゲンが網の目のように張り巡らされていて、エラスチンがコラーゲンをつなぎとめて弾力を作りだしています。
そして、コラーゲンとエラスチンのすき間を埋める用に存在するヒアルロン酸やコンドロイチンなどのムコ多糖類は、肌の潤いを保持しています。

加齢

コラーゲンやエラスチンが減少する原因にはいくつかあります。

コラーゲンとエラスチンは線維芽細胞から作られているのですが、年齢を重ねると線維芽細胞がコラーゲンなどを作り出す力が低下をします。
線維芽細胞からはヒアルロン酸も作られているので、コラーゲンやエラスチンの減少だけでなく、肌の潤いも低下をします。

紫外線

地上に届いている紫外線には、紫外線A波と紫外線B波がありますが、紫外線A波は真皮層にまで到達をします。真皮に到達した紫外線は、コラーゲンやエラスチンを変性させ、その結果肌の弾力が低下をします。

乾燥

肌表面が乾燥をすると真皮層の潤いも失われてしまい、肌がしぼんだような状態になります。水でパンパンに満たした水風船にはハリがありますが、水が少ないとしぼんだような状態になりシワができるのと似ています。
また、肌にはバリア機能があり紫外線から守ってくれているのですが、肌が乾燥することでバリア機能が低下をして紫外線の影響を受けやすくなります。

女性ホルモンの減少

恋をするときれいになるといわれていますが、これは女性ホルモンが関係をしているといわれています。女性ホルモンのエストロゲンには、コラーゲンやエラスチンの生成を促す働きがあるのです。
女性ホルモンが減少する原因は、加齢、不規則な生活、無理なダイエットなどです。

生活習慣の乱れ

コラーゲンを作り出すためには、ビタミンC、鉄分、アミノ酸などさまざまな栄養が必要です。無理なダイエットをしたり、加工食品などばかり食べて栄養バランスが崩れていると、コラーゲンの生成に必要な栄養が不足をして、ハリの低下につながります。
コラーゲンの生成が活発に行われるのは、夜寝ている間です。睡眠不足では、コラーゲンを活発に作り出すことができません。