白髪が生えるのは年齢を重ねてからという印象がありますが、若い方でも白髪は生えることがあります。では、どうして白髪が生えてしまうのでしょうか。

白髪が生えるメカニズム

白髪が生えてしまうのは、髪のメラニン色素が減少をするからです。髪はもともと白い色をしていて、そこにメラニン色素が加わることでさまざまな髪色が作られます。
メラニン色素には、黒色メラニンと呼ばれる「ユーメラニン」と黄色メラニンと呼ばれる「フェオメラニン」の2種類があり、この組みあわせによってさまざまな色が生まれます。これらの色素が足りないと白髪ができます。
メラニン色素はメラノサイトという細胞で、チロシナーゼという酵素の働きによって作られています。つまり、メラノサイトやチロシナーゼが働かないことで、白髪が生えてしまうのです。

老化

白髪が生える原因にはいくつかあります。
メラニン色素を作る酵素のチロシナーゼは、加齢に伴い減少をします。メラノサイトがどんなに元気でも、チロシナーゼが働かなければメラニン色素を作ることができません。
若白髪で悩んでいる方は、これ以外の原因が考えられます。

栄養不足

健康な髪を保つためには、アミノ酸、亜鉛、鉄分など多くの栄養素が必要です。また、メラニン色素を作るためにも栄養が必要になります。メラノサイトを活性化させるヨウ素、チロシナーゼの合成に必要な銅、メラニン色素の原料になるチロシンなどが白髪の予防には必要です。

生活習慣の乱れ

睡眠不足や不規則な生活は自律神経を乱します。自律神経には血液循環をコントロールする働きがあり、血液循環が乱れれば髪に必要な栄養素が行きわたらなくなります。必要なものを摂取していても、それが髪に届かなければ白髪の原因になります。

ストレス

強いストレスを受けて一気に白髪が増えたという話しを聞きますが、ストレスも白髪の原因です。
メラノサイトはストレスに弱い細胞で、ストレスの影響を受けて正常に働かなくなることがあります。その結果、正常にメラニン色素を作れなくなってしまうのです。
また、ストレスは自律神経を乱す原因でもあります。自律神経が乱れることで血行が悪化をして、髪に十分な栄養が行きわたらず白髪の原因になります。

産後の白髪

妊娠中は妊娠を維持するためや出産に向けて女性ホルモンの分泌量が増えています。出産をすると大量の女性ホルモンは必要なくなるので、一気に女性ホルモンの分泌量が低下をします。この急激な変化に体が対応することができず、体にさまざまな不調が表れることがあります。抜け毛や白髪もその一つです。
また、産後は慣れないことが多く食事がおろそかになりがちで、栄養バランスが崩れることも産後の白髪の原因です。

病気

甲状腺機能低下症や胃腸障害などの病気で白髪が生えることがあります。体の不調を感じているようなら、医師に相談をしてください。