「すっぽんを食べた翌日は肌がぷるぷるになる」こんな変化を実感している方もいるのではないでしょうか。何となく実感しているのではなく、すっぽんは美肌効果が期待できる食材なのです。

すっぽんに含まれる栄養素

すっぽんには、リノール酸、アミノ酸、コラーゲン、ビタミンB群、カルシウム、鉄などの栄養素が含まれています。

牛や豚など動物には飽和脂肪酸が多く含まれていることが一般的ですが、すっぽんは動物でありながら植物油に豊富に含まれるリノール酸を含有しています。リノール酸は必須脂肪酸で、食事から摂取する必要があります。

すっぽんの甲羅にはゼリー状のものが付着していますが、これはコラーゲンです。摂取したコラーゲンは胃や腸でアミノ酸に分解されてしまい、肌のコラーゲンになるとは限りませんが、コラーゲンの生成にはアミノ酸が必要なので、コラーゲンを摂取して肌のコラーゲンの材料を補給することは無駄にはなりません。
すっぽんに豊富に含まれるアミノ酸も、コラーゲンの生成に必要です。

肌細胞の合成や修復には、ビタミン、ミネラル、アミノ酸などさまざまな栄養素が必要です。すっぽんは多くの栄養を含有しているため、アンチエイジング食材として注目されていて、美肌効果が期待できます。

すっぽんの利用方法

美肌効果を期待するなら、コラーゲンをたっぷりと摂りたいところです。コラーゲンは甲羅の部分に付着をしていますが、甲羅からすべてのコラーゲンをそぎ落とすことは難しいです。
そこで、おすすめの利用方法が鍋です。甲羅ごと鍋にすれば、すっぽんに含まれる成分が汁に溶けだしてきます。汁にはコラーゲンがたっぷり含まれているので、余さずに摂取しましょう。

コラーゲンの生成には、ビタミンCが必要です。すっぽんにはビタミンCが含まれていませんが、鍋にすれば野菜からビタミンCを摂取できます。

サプリメントの利用も

すっぽんを普段からよく食べる食材ではありません。美肌効果が期待できるといっても、滅多に食べないようでは肌の変化を実感しにくいことでしょう。
すっぽんの成分をもっと手軽に摂取できるものがサプリメントです。

天然のすっぽんは希少価値が高く、中国からの輸入がほとんどです。国内では九州を中心に養殖がおこなわれています。
天然と養殖では、どちらの方が優れているとはいえません。すっぽんが生育している環境によります。
中国産と国産では、国産の方がアミノ酸含有量が多いといわれています。アミノ酸は美肌効果が期待できる成分なので、アミノ酸含有量が多い製品を選ぶことが重要です。